手作りならではの栄養成分

生の野菜や果物に含まれる酵素…これは市販品のドリンク類から摂取することができない成分です。
この酵素は健康や美容に良いとして、ちょっと前に爆発的に広がり、一大ブームにまでなりました。当時は、酵素ドリンク ダイエットなどといって、若い人を中心に大流行したのものです。

ドリンクの他にも、酵素たっぷりの果物や野菜、そして砂糖を手で混ぜて漬け込んだ酵素シロップも人気。
ドリンクからシロップへ…酵素の持つ力の威力のすごさがそこまで発展させるのでしょうか。

酵素シロップには、生の野菜や果物が持つ酵素がぎゅっと凝縮されている飲み物。ドリンクと異なり一度にそれなりの量を作って保存しておくことができますので、酵素を欠かさず摂取するには良い方法です。しかも、保存させていく中で発酵が進行し…乳酸菌が増えるといった嬉しいプラス面があります。
腸内活動を活性化させて肌の調子も向上…まさに健康と美容を一度に叶える食品なのです。

ただし、毎日手でかき混ぜるなどの手入れの必要性があるのは、ちょっと面倒に感じる事もあり…。この作業がストレスに感じてしまう人は、その場限りで終わるドリンクのほうが最適。気楽に、そして出来立てを毎日楽しむことができます。

手作りドリンクには2種類ある

手作りドリンクといっても、その形態は2種類あります。
スムージー酵素液です。

スムージーは、酵素をたっぷりと含む野菜や果物をミキサーなどに入れて簡単に作るものミックスジュースなどとも呼ばれていますね。最近では野菜を積極的に取り入れたものをグリーンスムージーなんて呼び方をしている場合もあります。
呼び名は違いますが、どれも酵素を新鮮な状態で体内に取り入れることができる優れもの。食べるよりもその量は多く期待することができます。

そして、酵素液。
これは酵素シロップのような、酵素を含む野菜や果物を発酵させたものをいいます。少し前に一大ブームにまでなり、今でも根強い人気を誇る酵素ドリンク ダイエットと呼ばれるものも、この発酵させたものを元に作っています。
スムージーはその場ですぐにできますが、この酵素液は発酵させなくてはいけないことからも時間がかかるものとなっています。

ちなみに、この発酵という言葉。発酵とは微生物により分解されていくものをいいます。
発酵が進行するということは、体内への吸収率も高くなるだけでなく栄養素もアップ!時間をかけて別物にランクアップしていくのです。

例えるなら納豆でしょうか。納豆の原料となる大豆はそのまま食べても体に良い食品ですが、発酵させることによってさらに良い食べ物へと変わっていきます。