産後ダイエットで目標体重になることに成功しました!

私が飲んでいる酵素ドリンク満足度ランキング!

ホームページのわかりやすさやスタッフ(店長)さんの対応・サポート力は素晴らしいものであり、
原材料はすべて国産(ほぼ九州産)・無添加なので安心して授乳と並行して続けられるのが最大の魅力です。

 

 

そして、「さすが!昔から断食道場やっているだけのことはある!」と言いたくなるような腹もちの良さ、情報誌も大きな魅力です。

 

おやつ代わりにしても空腹感が満たされてカロリーの高いお菓子を食べなくなるので健康維持にとても良いと思います。

 

 

味やにおいは好みがわかれるかもしれませんが、
私は数日飲むうちに大好き・もっと飲みたいと思うようになりました。
常温で保存できる発酵食品という点もお腹に優しそう・効きそうで気にいっています。

 

お得な2本セットが7,992円、お得な定期コースが6,372円になっています。

 

どちらのコースも送料無料ですよ!

 

 

http://www.danjiki-net.jp/


 

 

ベルタ酵素」、最大の魅力は味のおいしさと便秘解消効果、美肌効果だと思います。

 

おいしいピーチ味で、いろいろな飲み方・食べ方が楽しめるので続けやすいです。

 

定期コースではサプリメントもついてきますし、ダイエットというより、毎日の美容のためのサプリ代わりのドリンクと考えればとてもよい商品だと思います。

 

また、ベルタ酵素はサポート力が抜群です!
実際に自分たちで飲んで痩せた人が電話対応しているので、
凄く親身になって話を聞いてくれますし、アドバイスとかもしてくれます!

 

お試しは5,080円で送料648円かかります。

 

お得な定期便なら10,200円で送料無料となっています。

 

 

http://belta-shop.jp/


 

 

4位はベジライフに1点差で「ローヤルエンザミン」でした。
パイナップルの良いかおりがするところと、痩せ効果が高いところ、ローヤルゼリーなどによる美肌効果の高さが気に入っています。

 

通常コースは6,000円で送料がかかります。(佐川急便で群馬から発送)

 

定期お届けコースは2500円で送料無料です。

 

 

http://shop.kousoprolabo.com/


 

 

5位はお嬢様酵素です。
大きな不満は無くどの項目でも大体満足していますが、突出して優れていると感じた点はありませんでした。
値段が安いところはかなり魅力的でしたが、やはり、それに見合った痩せ効果や美肌・便秘解消効果だったというのが正直な感想です。

 

お得な定期1本が3,990円です。
お得な定期2本が7389円です。
お得な定期3本が9,975円です。

 

どれも送料無料です。

 

 

http://www.ojyosama.jp/


 

 

ベジライフ酵素液(販売停止中)

3位はわずかの差で「ベジライフ酵素液」になりました。

 

「ベジライフ酵素液」の良いところは黒糖味でおいしく飲みやすいところと痩せ効果が大きかったところだと思います。
あまり大きな変化は感じられませんでしたが、
じわじわと体重が減り、5本の中で最も体重の減少がありました。
たまたまかもしれませんが、その点は大きく評価できると思います。

 

お試しが5,415円で送料630円です。

 

集中ダイエットパックが9,850円で、送料無料です。

 

 

あくまで私の個人的・主観的な感想ですが、参考にしていただけたらうれしいです。

 

  優光泉 ローヤルエンザミン ベルタ酵素 ベジライフ酵素液 お嬢様酵素
サポート力※1
匂いの良さ
味のおいしさ 10
腹持ちの良さ
続けやすさ※2
安心感※3 10
痩せ効果
便秘解消効果
美肌効果
コストパフォーマンス※4
合計(100点満点中) 83 74 81 75 64

 

※1、スタッフの対応力やホームページのわかりやすさなど
※2、面倒くさくないか
※3、原材料など
※4、料金に見合う効果を実感できたか

 


産後ダイエットに挑戦した私の自己紹介

28歳のトモです。私は昔から太って痩せてを繰り返してきました。

 

小学校高学年ぐらいから毎日食前・食後にお菓子を食べるような生活をしてしまい、急激に太りました。
中・高校生の頃は部活に入ったこともあり、体重も元に戻っていきました。その時は通学のために歩いていたし、キャベツの千切りを食前などにたくさん食べる、食事の際によく噛むなど、簡単な方法で痩せることができました。

 

ただ、大学生になって生活も不規則になり、外食が増えるとまたどんどん太っていきました。
そして50キロ前後を維持していた体重は大学3年生の頃に57キロになり、これではまずいと思い、いろいろなダイエットを試しました。

 

挑戦したのは昔痩せた実績のあるキャベツダイエット。
効果は出ましたが減りが緩やかだったしキャベツの千切りを作るのが面倒になり、りんご酢ダイエットに変えました。
でも独特のツンとくるすっぱさが苦手ですぐに断念しました。

産後ダイエット 酵素

その後は効果の大きさが売り文句のDHCや明治のシェイクダイエットに挑戦しました。
でもこれも三日坊主でした。
味が薬っぽい感じがしたし、朝食をシェイクに置き換えてもお腹がすぐにすいてしまったので、私には合わないと思いました。

 

その後試したのは大豆気分のおからクッキー。これはとてもおいしかったです。
でも朝食の置き換えはどうしても無理でした。
結局朝食の量を減らしてクッキーを食べたり、スナック菓子やチョコレートをやめておやつ代わりに食べたりしていました。
完全置き換えはしていなかったので、払ったお金ほどの大きな効果が出ず、半年ほどであきらめました。

 

結局、その後、思いきってエステ通いし、栄養指導や家庭でできるエクササイズの指導を受けたり、セルライトをくだいてもらったり、リンパマッサージでたまっていた老廃物や水分を流してもらったりと、かなりの大金と労力と他人の手を借りて、47キロという自分のベスト体重とベスト体系をゲットすることに成功したのです。

産後ダイエット 酵素

それから数年間体重と体系をキープし続けてきましたが、一昨年妊娠を機にあっという間に60キロの大台を突破。
医者からは食べすぎないよう毎回指導を受けました。
産んだら減るだろうと思っていたけど4キロしか減らず、あせりました。
半年たっても55キロ、1年たっても53キロと、徐々には減っていくのですが47キロは程遠い状態です。

産後ダイエット 酵素

「そろそろ産後ダイエットしないと…でもどうやって?」と思っていたそんな時、私は酵素ドリンクの存在を知りました。
便秘解消や代謝UP、コップ1杯でバケツいっぱいの野菜など気になるうたい文句ばかりです。
正直ダイエット効果はうすそうだし、まずそうなイメージがあったのですが、健康のために良さそうなので試してみることにしました。
子どもは一歳を過ぎたところで卒乳も近いのですが、まだまだ1日3〜4回は授乳をしています。
しかも毎日バタバタヘトヘトなので運動はしたくありません。
なので授乳や体力面で無理にならない程度に、長期的に47キロを目指していこうと思います!

 

>>私が4kg痩せた体験談のページはこちら

 


芸能人の産後ダイエットも参考に!

基本は食事と骨盤!そして掃除!?

 

 

芸能人と言えば、常にきれいな肌と程よいスタイルが求められている人たちです。当然、一般の人と同じく常にダイエットを意識した生活を送っているはずであり、失敗も許されないという厳しいプレッシャーがあるはずです。つまり、甘えがなく、ダイエット情報にも詳しい成功者が多くいるもの。まさに見習うところがたくさんあります。

 

例えば、子育てママにはお馴染みの木下優樹菜さん。通称ユッキーナ。お笑い芸人の藤本さんの奥さんで、現在は2人のかわいいお子さんがいます。優樹菜さんの産後ダイエットは特に意識したものではないらしいですが、日ごろから炭水化物を控えたり、豆乳などを使った特性スムージーなど、食事に気を付けているようです。また、骨盤矯正も利用しているそう。やっぱり、食事を意識する事、そして骨盤を整えることはダイエットの鉄則なのですね。

 

この骨盤ダイエットは産後ダイエットでは定番化していますが、インリン・オブ・ジョイトイさんも骨盤系のダイエット法で痩せたのだそうです。その名も、骨盤枕ダイエット。骨盤枕を敷いて寝るだけの、超楽な寝ダイエット。バスタオルと紐で代用することもできるので、ゴロゴロしながらできる夢のようなダイエットですね。

 

また、掃除がよい産後ダイエットになった…なんて方も!?その方は篠原涼子さん。出産後は家にいることが多く、掃除ばかりをしていたそうです。なかでも雑巾がけが特に効いた…というのですから、これは是非ともやりたいもの。家もきれいになって、一石二鳥!旦那さんも喜びます。

 

 

ヨガやストレッチ、有酸素運動を組み合わせて

 

 

藤本美貴さんは、3ヵ月で−15キロのダイエットに成功した強者。1カ月−5キロってすごいです。ダイエット方法はグラヴィティのヨガ。グラヴィティとは、重力に任せてアングルドボルスターに寝たり寄りかかったりするもので、身体に負担をかけずにおこなえるといった特徴があり、まさに産後ダイエットにはピッタリ。肩や首を伸ばすポーズがあり、肩こりや腰痛にも効果があると一石二鳥!ヨガはダイエットだけでなく精神的な安定も図れるし、自宅でもちょっとした時間にできるので、子育てや家事、仕事にと忙しいママにはいいですね。

 

また、多くの芸能人の方が、食事によるダイエットや骨盤ダイエットなどと一緒に、ストレッチや有酸素運動を取り入れています。道端カレンさんは骨盤底筋を鍛えるストレッチを、梨花さんなどの多数の芸能人が実践していた「樫木式カーヴィートレーニング」など…家庭でも取り入れやすいものでおこなっているようです。

 

食事で産後ダイエット!

量は変えずに食材を変えてダイエット

 

 

産後ダイエットでは、通常のダイエットのように無理ができません。ですから、家で体に無理がかからないダイエット法が基本。特に食事は基本中の基本です。

 

とはいえ、無理な食事制限はNGです。母乳がうまく作れず、赤ちゃんに栄養がいきわたらなくなってしまう可能性がありますから、量を減らすのではなく食材や調味料を工夫し、しっかりと栄養を摂りながらも余分な脂を摂らないようにするのがベスト。それをいうなら、和食が一番です。

 

食事で気を付けたいのが、水分です。母乳で育てるのであればなおさらで、水分不足にならないように常に水分補給。しかも、水分をとると代謝もあがりますし、空腹感もいくぶんか紛らわしたりお通じの改善にもなると、ダイエットの点からも有効なのです。

 

産後におすすめの食材としては、米や発芽玄米といった脂肪燃焼に必要な炭水化物。新鮮な生野菜や生ものなどで、血糖値をゆっくりと上げる作用がある食材。キノコやこんにゃく、海藻などの食物繊維がたっぷりの食材。鶏ささみや鶏むね肉、牛ひれ肉、豆腐、魚介類などの高たんぱくで低カロリーな食材。卵、大豆、乳製品などの高タンパク質の食材です。

 

産後の体形崩れを戻すためにも、ママは栄養たっぷりの食事が大事。量は減らさずに食材を意識的に変えるなどの工夫で、食べながらのダイエットができるのです。

 

 

食材の地料理方法と調味料にも注意

 

 

食事の内容だけでなく、食事の調理方法や食べ方もダイエットにとっては大事なポイント。食材だけでなく調味料や調理方法にもダイエット要素があるのです。

 

まず食材の調理方法では、炭水化物は普通に摂りつつ、脂肪分を控えめにするようにします。つまり、高たんぱく&低カロリーを食事。産後の体力や子宮の回復を早め、母乳もしっかりと作れるようになります。メインは肉料理ではなく魚料理にしたり、肉料理でも鶏肉は皮を取り除き、牛肉や豚肉はなるべく脂身のない部分を使うようにします。

 

調味料では、塩分の使い過ぎに注意!塩分の取りすぎはむくみをひどくしますので、ダイエット中には気を付けたいもの。塩代わりにショウガやにんにくなどを代用して、うまく味付けを工夫するのがいいのです。また、調理法では揚げ物はカロリーがどうしても高くなってしまうので、茹でたり蒸したりといった油を使わない方法に。カロリーがガクンと下がります。

 

できれば、食事毎にカロリーを書き出しておくと、いろんな面で良い効果があります。カロリーの書き込みと言えば、レコーディングダイエットがありますが、1日に食べた食事を書き込むことで、食べすぎている事やカロリーオーバーしていることに気がつくようにようになるとか…。意外とこれが効果があるそうで、「こんなに食べていたのか!?」と怖くなり、食事を控えるように意識するのだそうです。

 

運動で産後ダイエット!

最初は産褥体操

 

 

産後の運動には2種類あり、体力を回復させる運動と、出産でゆるんだ体のラインを整える運動とあります。前者の体力を回復させる運動では先にもいった産褥体操やウォーキングが。後者の身体のラインを整える運動では骨盤スクワットや産後ヨガ、ピラティスなどがそれにあたります。

 

特に産褥体操は出産後1日目からできるとも言われている運動。ママの身体が妊娠前に戻るには産後6〜8週間ほどかかりますが、この時期を産褥期といい、産褥体操はこの時期に行うのが良いとされている運動です。ダイエットだけでなく、出産でダメージを受けた母体の回復をサポートする働きもあるのですから、是非とも取り入れたい運動。他にも、悪露の排泄や母乳の分泌を良くしたり、むくみや冷えの改善、疲労回復など…いいことばかりです。産院によっては、産褥体操について指導してくれるところもあるようなので、もしもやっていたら是非とも受けておくといいです。

 

産後1カ月が過ぎ健診でも問題ない状態であれば、骨盤底筋を中心とした、ウエストやヒップ、おなかまわりを引き締める効果があるストレッチや体操を取り入れて、ちょっと体操を本格化。3か月後にはスクワットや骨盤矯正などの運動メニューを増やしてもいいですね。赤ちゃんと一緒に外を散歩するのもいい運動になり、気分転換になります。家にこもりっきりも体に悪いですからね。

 

 

家でもできる運動で育児の合間に

 

 

最近では家でも手軽にできる産後ダイエットとして、エクササイズやダイエットDVDが種類も豊富に販売されているので、こうしたのを使って運動してみてもいいですね。ただ、もくもくと決まった形で運動していくよりも楽しくて、ストレス発散にもなります。

 

「カーヴィーダンス」
ちょっとしたブームを生み出した樫木裕実先生のエクササイズDVD。ワンセット10分程度なので、小さいお子さんがいても、ちょっとした時間にやれちゃいます。特に、産後に姿勢が悪くなってしまった人やおなかまわりがぷよぷよしてしまっている人などにおすすめ。

 

「バレトン」
フィットネス、バレエ、ヨガを組み合わせたエクササイズ。体幹を鍛えて太りにくい体にすることができるといわれていますが、正しい動きをマスターするのは意外と大変。ゆったりとした動きが多いのに、汗がダラダラと出てしまうのですから不思議です。

 

「モムチャンダイエット」
韓国で有名な美容家のチョン・ダヨンさん考案のモムチャンダイエット。なんと、ご本人が20キロ減量に成功したというもので、韓国では有名。

 

産後ダイエットはいつから始めるべき?

産後すぐに運動はNG

 

 

出産してまず思うのが、おなかがぺたんとへっこんで軽くなる事。少し前まで入ってたんだな…と懐かしく寂しく思う反面、伸びてだらんとしているおなかをどうにかしないと焦ってしまいます。ただ、産後は体が急激に元の状態に戻ろうとしている時期なので、がむしゃらにやってしまってはかえって逆効果になります。大きな仕事を終えた子宮が回復した頃…つまりは、産後1カ月ぐらいから始めるのがベター。ちょうど1か月後には健診がありますから、医師から問題ないと判断されてから始めるのが安心です。

 

ただ、いくら運動OKになりましたといっても、最初は軽い運動にするべき。足首を動かしたり肩まわりをストレッチしたりと…いわゆる産褥体操ぐらいにとどめておくのがいいです。いくら医師からOKが出ても、体力が減っている事、悪露などが落ち着いていない事からも、無理をしないのが一番です。まずは、体力回復を第一に、産後ダイエットを取り入れるようにします。

 

妊娠前のように、たくさん動いてとにかくカロリーを消費する…なんて目線での運動はしてはだめ。痩せることばかり考えていると、体力をそれだけに使ってしまい、肝心の育児に力を出し切れない…なんてことになってしまっては大変です。妊娠前とは違い、赤ちゃんを第一に考えてのできる範囲のダイエットなので、結果を焦らずにゆったりとした気持ちでやるようにしたいもの。継続は力なりといいますが、まさにその通りなので、コツコツできる範囲でやっていくのがいいんですね。

 

 

体力の回復に応じてスタート

 

 

産後の身体はまだ本調子ではないので、まずは体力の回復を第一に、産褥運動などの軽い運動からスタート。ただ、ほとんどの人が産後1カ月ぐらいで運動できるようになるのですが、帝王切開した人は注意が必要。自然分娩の人よりも体力が落ちている事が多く、おなかを切っている事から腹筋に力が入らなかったり、手術跡が痛かったりとなにかと大変。産後2カ月までは様子を見ながらの方が安心です。

 

ちなみに、妊娠中は大きな子宮を支えたり、ホルモンバランスの変化から骨盤が開きやすくなり、出産時はさらにオープン状態に。これは帝王切開の人も同じなので、自然分娩の人と同じようにケアが必要です。骨盤がゆがんでいると、トラブルの原因になるだけでなく、最悪太りやすい体質にもしてしまい…なんとかそれだけは避けたいものです。

 

骨盤ダイエットなどが産後ダイエットとして注目されているのも納得。骨盤を整えることで代謝が上がり、脂肪を消費しやすくし、基礎代謝を向上させることで冷えやむくみのケアにもなるのですから、産後ダイエットを成功させるには、骨盤は無視できない存在です。

 

骨盤矯正で産後ダイエット!

骨盤のゆがみが太りやすくしている!?

 

 

産後、体重は戻ったのに体形は戻らない…なんて悩みをよく聞きますが、もしかしたらそれは、出産時に開いた骨盤がそのままになっているからかもしれません。骨盤次第で体形が変わるので、産後は骨盤矯正をするのが、産後ダイエットを成功させるポイント。

 

骨盤がゆがんでしまうのは、出産で骨盤が大きく開いてしまうからなんですね。ゆがんだ骨盤が産後3〜4カ月かけて左右交互に少しずつ縮み、ゆっくりと元の正常な状態に戻る…はずなんですが、妊娠中や出産時などに左右のバランスが崩れてしまったりなんかすると、正常な位置に戻りにくくなっちゃうんです。さらに悪化させるのが横座りや、椅子で足を組んで座ったりする事で、猫背やあぐらも体をゆがめて骨盤をさらにゆがめてしまい…。特に産後3か月間にこんなことをしていると、大きな痛手になるんですね。

 

骨盤が正常な位置に戻らないままだと、骨盤周辺の血の流れが悪化し、脂肪の燃焼も低下。結果、太りやすくなる…といった悪循環が。他にも、肩こりや腰痛、むくみ、冷え性、不妊なんてトラブルもおこりやすくなるので、産後の骨盤矯正はとても大事なんですね。

 

 

骨盤は産後の調子をみて取り入れる

 

 

骨盤矯正と一言にいってもやり方はさまざまで、出産1カ月は骨盤ベルトや産後ガードルなどを使って、軽めに骨盤矯正するぐらいにとどめておくのがいいです。骨盤ベルトと産後ガードルは、おなかのお肉を正しい位置におさめるようにサポートしてくれるアイテムで、育児しながらも続けやすいお助けアイテムです。ただ、あまり早い段階からきつく締めてしまうと、骨盤に悪影響を与える可能性が。なので、産後の状態に合わせて、無理のないものを選ぶようにしないといけません。

 

また、産後の週数に合わせた、骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットも。身体に負担のないレベルでじっくりとすすめていきます。もしくはプロの手を借りるといった方法もあります。産後の1カ月検診で特に問題がなければ、定期的にプロの骨盤メンテナンスを受けてもいいですね。パパにも良いメンテナンスですから、夫婦でやってみるのもおすすめです。

 

産後の女性のじん帯はとても柔らかくてしなやかになっているそうなので、産後2か月後から半年以内には骨盤矯正をおこなうようにしたいもの。最初の1カ月は無理をしないで様子をみて、体調的にも大丈夫だなと思えるようになったらスタート。産後半年経過すると骨盤が閉じた状態になってしまい、そうなると矯正するのが大変です。その前に骨盤矯正をして、ゆがみを直しておきたいですね。

 

ヨガで産後ダイエット!

ヨガは家で手軽にできる最高のダイエット

 

 

産後はなかなか外出することが難しくなるので、妊娠前にように自由にダイエットを選ぶことができません。あくまでも家の中でできる方法でとなります。それにピッタリなのがヨガ。ヨガはちょっとした時間に無理なく室内でできる運動です。

 

妊娠中についてしまった脂肪は、ちょっとした運動で消費される流動性脂肪です。普段ダイエットで苦戦している脂肪とは違い、意外とあっさりと落ちてくれるもの。産後に消費した体力や体の調子が回復し始めてきた、1か月過ぎぐらいから取り入れるといいかも。ただし、あくまでも体の調子をみながら無理せず、簡単なヨガから取り入れるようにするのが安心。ちなみに、この流動性脂肪というのは、産後半年を過ぎると固定された脂肪となってしまい、なかなかダイエットしても落ちない頑固な脂肪に変身してしまいますので要注意。

 

ヨガと聞くと、ちょっと難しいポーズなどをイメージしてしまう人もいますが、それは一部のポーズに関してであり、簡単にできるポーズなども多く用意されていますから、そう難しく構える必要はなし。しかも、お手本通りにやらなくてもOK。ただ、あくまでもお手本を理想としてやっていくだけでいいのです。最初は自分ができそうな簡単なものから取り組んでいき、少しずつレベルを上げていくといいですね。やりがいも出てくるというものです。

 

 

ヨガにはリラックス効果もある

 

 

ヨガは自宅で手軽にできるので、産後ダイエットとして最適なのですが、理由はそれだけではありません。ヨガは激しい動きを必要とせず、静かな動きで高い運動効果を得ることができるといった特徴があり、それが産後まもないママにぴったりなのです。

 

ヨガをするうえで大事なポイントとなるのが呼吸です。一つ一つの動きの中で呼吸法を大事にし、これが有酸素運動のような効果を得ているんですね。短い時間で集中しておこなうので汗もかきますし、複式呼吸によってリラックス効果もあると、普通の運動並みの内容なのです。慣れない育児などでストレスも溜まりやすいですから、リラックス効果のあるヨガはストレス解消にもなって、まさにダイエット以上の効果を期待できるのですね。

 

とはいえ、ヨガも無茶なやり方をしては意味がありません。毎日続けることは勿論必要ですが、たくさんやればいい…というものではないので、頑張りすぎないことが大事。体調がちょっとでも悪いなと感じたら、その日はお休みするくらいの心の余裕はほしいものです。

 

また、ヨガは心拍数を上げて体力を消耗するので、体温が上昇し体力を使うお風呂の前後にやるには避けるのは基本です。

 

産後ダイエットで成功する人、失敗する人

産後ダイエットに成功しやすい人

 

 

産後ダイエットが成功しやすい人と失敗しやすい人といます。この差はなんなのか…きちんと理由があるんですね。まず、成功しやすい理由。

 

成功した人の話を聞いていると、多くの人が、産後すぐに骨盤矯正を始めています。出産で広がってしまった骨盤を、さっさと元の位置に戻そうと頑張るのですね。骨盤の位置をうまい具合に戻すことで、体の回復も早くなり、比較的早い段階で動けるようになり、下半身太りなどを予防することができた…ということなのです。

 

また、よく散歩をしていることも、ダイエットを成功させているよう要因になっているようです。赤ちゃんと一緒にゆっくりと散歩することは、ママの気分転換にもなり、実は運動不足の解消だけでなくストレス解消にもなっているんですね。とはいえ、ここでも成功の分かれ道となっており、できるだけ正しい姿勢を意識して歩くとダイエット効果にも差がつくようです。

 

そして、食事に関しても特徴が…。出産後の体重増加理由の一つに、食生活の乱れがあげられます。産後は赤ちゃんへの授乳などが2〜3時間ごとにあるので、夜中でも関係なく起きてあげたりすることも…。そうすると、お母さん自身も小腹が空いたりして、ちょっとなにかつまんだり…なんて事が起こりやすくなり、気が付けば体重が増えているといったことも多いんですね。産後ダイエットに成功する人というのは、誘惑にも負けず、きちんと食事の時間を守っていた人でもあるんですね。

 

 

産後ダイエットに失敗しやすい人

 

 

産後ダイエットを失敗しやすい人は、まず骨盤の開きを放置している人が挙げられます。出産で広がった骨盤をそのままにした為に下半身に脂肪が付き、太りやすい体質に変身!なんとも恐ろしい結果です。骨盤は出産後、どんどんもとに戻りにくくなりますので、早いうちに骨盤矯正をしておきたいものです。

 

また、慣れない育児などでストレスがたまり、そのストレスのはけ口が食事にいってしまった…なんて人も。食事が増える原因としては、妊娠はつわりで思うように食事がとれなかった人が、産後においしく食べれるようになって自然と増えてしまった…なんてこともあります。

 

他にも、妊娠中に太りすぎてしまった…なんて事も、産後のダイエットを難しくしてしまいがち。妊娠中の体重管理が、実は産後ダイエットにも大きく影響を与えていくのですから、ある意味、産後ダイエットは出産前から始まるといってもよいほど。

 

産後ダイエットの成功と失敗の大きな差にはいろいろな理由がありますが、実は骨盤への対応が大きな差となっているんですね。骨盤矯正は産後ダイエットの基本ともいえるので、これだけはしっかりとやっておきたいものです。

 

 

>>目次に戻る

更新履歴